メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

筑波大

クラウドファンディング会社と提携 第1弾、図書館資料購入費 独自性豊かな研究へ /茨城

業務提携を受け記念撮影する永田恭介・筑波大学長(左)と樋浦直樹レディーフォー取締役最高執行責任者=つくば市天王台1で

 筑波大はインターネットで寄付を募る「クラウドファンディング」のウェブサイトの運営会社「レディーフォー」(東京都文京区)と業務提携した。提携第1弾として図書館の資料を購入するプロジェクトへの寄付を募っている。国立大とクラウドファンディング事業者との提携は国内初だという。

 科学研究費補助金など外部資金の受け入れ額は増加傾向にあるが、さらに独自性豊かな研究を進めるため、不特定多数の人から広く寄付を募れるクラウドファンディングに着目。延べ24万人以上から資金を集めた実績に加え、昨年、同社を通じて2件のプロジェクトへの寄付を成功させ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 孫正義氏、ビットコインで145億円損失か
  2. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  3. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  4. ごみ部屋 女性を救出…体埋もれ、両足壊死
  5. みんなのごみ 廃品回収 紛れる違法業者

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです