メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者のひとりごと

子育ては「妖怪力」で /東京

 3歳の長男は、私が目を覚ますとどう察知するのか、必ず起きる。毎朝のことだけに「あーあ」と思うこともあるが、絵本作家・いちよんごさんの妖怪かるた「ゆっくりねててよ、 ママがおきると すかさずサッチ」に思わず膝を打った。以来、笑顔で受け止められるようになった。

 いちよんごさんは「母親になって、すごく窮屈だと感じた」という。子どもに何かあると「お母さんだから」と過分に責任を感じたり、周囲から責められた…

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文500文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安田純平さん 解放の情報 シリアで3年間行方不明
  2. 大量懲戒請求 賛同した女性「洗脳状態だった」
  3. 安田純平さん 妻、会見し救出訴え
  4. 麻生太郎氏 河野外相に「常識を磨かないといかん」
  5. 救命 4階から中2飛び降り、対応の女性教諭に当たりけが

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです