メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

橋爪大三郎・評 『世界はなぜ過激化するのか?』=ファラッド・コスロカヴァール著

 ◆『世界はなぜ過激化(ラディカリザシオン)するのか?』

 (藤原書店・3024円)

絶望のなかで生きる困難

 イスラム過激派のテロが繰り返し報じられる。何とかならないのか。《こうした事態に慣れて……忍耐》するしかない、と著者は言う。この世界がテロを生み出すのだから、テロだけをなくすことはできないのだ。

 著者コスロカヴァール氏はイラン出身、フランスで活躍する社会学者だ。イスラムの思想に詳しく、刑務所で長期の聞き取り調査も行なった過激派研究の第一人者である。

 かつて、アナキストもマルクス主義者も過激派だった。この世界が不正で他に方法がないとき、テロは最後の…

この記事は有料記事です。

残り1211文字(全文1488文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋で乗用車とごみ収集車が衝突 女性と子供が意識不明 10人けが
  2. 東京・池袋衝突事故 重体の女性と女児が死亡
  3. 辺野古取材の池上彰さんを撮影 「マスコミ特定」反対派リスト作成の警備会社が指示
  4. 交通安全教室でスタントマンの男性死亡 事故再現で 京都
  5. 東京メトロ東西線 一時運転見合わせ 行徳駅で人身事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです