メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

村上陽一郎・評 『近代科学の形成と音楽』=ピーター・ペジック著

 (NTT出版・5400円)

現代物理学にまで及ぶ包括的視点

 参照文献表だけで三十ページを超える大作である。それはそうだろう。古代ギリシャに始まり、プランクやシュレーディンガー、南部陽一郎に至るまで、主として物理学(物理学という個別科学の成立は、それほど古い話ではないが)的な自然探求と音楽との関係を、丹念にかつ幅広く踏査して、整理した、類例のない著作なのだから。

 著者はセルビア系のアメリカ人で、ハーヴァードやスタンフォードで物理学を学ぶと同時に、スタンフォード…

この記事は有料記事です。

残り1192文字(全文1423文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 地震 大阪府北部で震度6弱
  2. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
  3. 大阪震度6弱 エレベーターの閉じ込め相次ぐ
  4. 大阪震度6弱 心肺停止2人に 大阪市でも81歳男性
  5. 大阪震度6弱 大飯・高浜原発、もんじゅなど「異常なし」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]