メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

始動

「取引外交」日本警戒 日米電話協議、「関係順調」見方崩れ 同盟への影響懸念

 2月10日にワシントンで開かれる日米首脳会談では、経済問題が主要議題となることが確実となった。日本政府は、トランプ米大統領が、ビジネス感覚で外国と折衝する「取引外交」を展開する構えを見せていることを警戒。安全保障面でトランプ政権が日米同盟を重視する姿勢に疑念はないが、日米が通商問題で対立するような構図になれば、日米関係全体に深刻な影響が及ぶことがあり得るためだ。

 「経済、そして安全保障全般において率直な意見交換をしたい」。28日深夜にトランプ氏との電話協議を終…

この記事は有料記事です。

残り1863文字(全文2097文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 三鷹でアパート火災、1階の部屋から1遺体
  3. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り
  4. 硫黄島戦没者遺骨 遺族「DNA鑑定を」 厚労省は「遺品なし」理由に拒否
  5. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです