メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

紀州鉄道

レールバス4月で「引退」 無償譲渡へ

引退が決まったレールバス=和歌山県御坊市で、山本芳博撮影

 国内で唯一現役の営業用レールバス(2軸気動車)として人気を集める「紀州鉄道」(和歌山県御坊市)の「キテツ-2」が、4月で運行を終える。

 鉄道車両用の台枠に、バスをベースとした車体を乗せた車両で、紀州鉄道には2009年に導入された。時速20キロ程度でトコトコと運行する姿に、「運行日時を教えて」と問い合わせも多かった。

 別の私鉄から鉄道車両の譲渡を受けるため、席を譲ることが決まった。ただ、人気者だけに「ラストランには早すぎる」と同社は無償譲渡する方針で受け入れ先を探している。【山本芳博】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 本社世論調査 裁量労働制の対象拡大「反対」57%
  2. 御堂筋線なんば駅 16キロ分天井ボード落下 漏水原因か
  3. 訃報 左とん平さん80歳=俳優 「時間ですよ」
  4. 平昌五輪 和やかなフィナーレ 閉会式、選手77人参加
  5. 裁量労働制 対象拡大反対の緊急デモ 1000人が訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]