メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ワールド・トレジャー

特派員が選ぶ私の世界遺産 チクバン鉄橋(インドネシア・西ジャワ州) 大動脈かつ生活道路

チクバン鉄橋を駆け抜ける列車

 インドネシア西ジャワ州にあるチクバン鉄橋は高さ80メートル、全長300メートルのインドネシア最長の鉄道橋だ。鉄骨の橋脚が伸びる美しいシルエットが特徴で、日本の鉄道愛好家の間では兵庫県にあった橋にちなんで「インドネシアの余部(あまるべ)鉄橋」とも呼ばれる。建設から100年以上たった今も往来が絶えない。

 フワーン、フワーン。山の間を縫うように走る線路の向こうから、10両編成の特急列車が警笛を鳴らしなが…

この記事は有料記事です。

残り1283文字(全文1484文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 障害者雇用水増し 「名前貸して」元横浜家裁職員が証言
  3. 女子テニス 大坂ウイルス性の病気のため武漢オープン欠場
  4. 海賊 ソマリア沖で商船襲撃相次ぐ 干ばつや飢饉が影響か
  5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです