メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

佐治博士のへえ~そうなんだ!?

/112 10の80乗 宇宙のからくり担う神秘数 /愛知

 小さい子供が数に興味を持ち始めると、例外なく数字をたくさん書き並べて、とてつもなく大きい数への憧れを示すようになります。数は、どこまで大きくなっていくのでしょう。

 単位でいえば、一、十、百、千、万と10倍ずつ大きくなっていき、その先は万単位、すなわち、1万倍(0を4個書き加える)ごとに新しい名称がついていきます。「万進法」です。1万の1万倍が1億で1の後に0が8個、その1万倍が1の後に0が12個つく1兆といった具合です。このあたりまでが私たちの日常生活に出てくる最大数ですが、その上にも1万倍ごとに単位があって、兆の次は京(けい)、垓(がい)、〓(じょ)、穣(じょう)、溝(こう)、澗(かん)、正(せい)、載(さい)、極(ごく)、恒河沙(ごうがしゃ)、阿僧祇(あそうぎ)、那由他(なゆた)、不可思議(ふかしぎ)、無量大数(むりょうたいすう)と続きます。

 これは、江戸時代の初期、吉田光由が著した「塵劫記(じんこうき)」に記された命数(めいすう)法で、古…

この記事は有料記事です。

残り1118文字(全文1547文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  2. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  3. 心肺停止の女性死亡、死者2人に 逮捕の運転手「発車しようとしたら急発進」 神戸・バス事故
  4. 官邸・与党「ちぐはぐさ」露呈…補選2敗 安倍政権、影響抑えに躍起
  5. SNSで水着姿公開 ロシア女性教師が退職に追い込まれる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです