メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全豪テニス

フェデラーがナダルから第1セット奪う

 テニスの4大大会第1戦、全豪オープン男子シングルス決勝は29日、メルボルン・パークで行われ、8年ぶり2回目の優勝を狙う第9シードのラファエル・ナダル(スペイン)と、7年ぶり5回目の頂点を目指す第17シードのロジャー・フェデラー(スイス)が対戦。第1セットはフェデラーが6-4で奪った。

 第1セット、序盤は互角の戦いで両者のサービスキープが続いたあと、第7ゲームでフェデラーがブレークに成功。このワンチャンスを生かして、フェデラーがセットを先取した。

 2人の4大大会決勝は2011年全仏以来で9度目。対戦成績は30歳のナダルが23勝11敗、4大大会決勝でも6勝2敗と35歳のフェデラーをリードする。全豪での両者の対戦は2014年準決勝以来3年ぶりで、過去3度ともナダルが勝っている。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです