メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全豪テニス

ナダルvsフェデラー譲らず最終セットへ

 テニスの4大大会第1戦、全豪オープン男子シングルス決勝は29日、メルボルン・パークで行われ、8年ぶり2回目の優勝を狙う第9シードのラファエル・ナダル(スペイン)と、7年ぶり5回目の頂点を目指す第17シードのロジャー・フェデラー(スイス)が対戦。ナダルが4-6、6-3、1-6で迎えた第4セットを6-3で奪い、勝負はファイナルセットにもつれ込んだ。

 第1セットは互角の戦いで両者のサービスキープが続いたあと、第7ゲームでフェデラーがブレークに成功。このワンチャンスを生かして、フェデラーがセットを先取した。

 第2セット、ナダルは第1ゲームをブレークするなど4ゲームを連取して主導権を握りセットカウントをタイに戻した。

 第3セット、リズムを取り戻したフェデラーはファーストサービスが復調。第2、第6ゲームでブレークに成功。ナダルに一度もブレークを許さずセットを奪った。

 第4セット、後がなくなったナダルは第4ゲームでブレークに成功。粘るフェデラーをそのまま押し切りタイに戻した。

 2人の4大大会決勝は2011年全仏以来で9度目。対戦成績は30歳のナダルが23勝11敗、4大大会決勝でも6勝2敗と35歳のフェデラーをリードする。全豪での両者の対戦は14年準決勝以来3年ぶりで、過去3度ともナダルが勝っている。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
  2. 事故 青森の車4台衝突 搬送8人のうち3人死亡確認
  3. レスリング 栄氏が至学館大を退職 
  4. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  5. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです