メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全豪テニス

フェデラーがナダル破り18度目4大大会制覇

 元世界1位同士のレジェンド頂上決戦はフェデラーが死闘を制す--。テニスの4大大会第1戦、全豪オープン男子シングルス決勝は29日、メルボルン・パークで行われ、第17シードのロジャー・フェデラー(スイス)が6-4、3ー6、6-1、3-6、6-3で、第9シードのラファエル・ナダル(スペイン)を破り7年ぶり5回目の優勝を果たした。優勝賞金は370万豪ドル(約3億2000万円)。35歳のフェデラーは男子最多18度目の4大大会タイトル。

 第1セットは互角の戦いで両者のサービスキープが続いたあと、第7ゲームでフェデラーがブレークに成功。このワンチャンスを生かして、フェデラーがセットを先取した。

 第2セット、ナダルは第1ゲームをブレークするなど4ゲームを連取して主導権を握りセットカウントをタイに戻した。

 第3セット、リズムを取り戻したフェデラーはファーストサービスが復調。第2、第6ゲームでブレークに成功。ナダルに一度もブレークを許さずセットを奪った。

 第4セット、後がなくなったナダルは第4ゲームでブレークに成功。粘るフェデラーをそのまま押し切りタイに戻した。

 第5セット、フェデラーは第1ゲームで先にブレークを許したが、第6ゲームでブレークバックに成功。そこから4ゲームを連取してナダルの反撃を振り切った。試合時間は3時間37分。

 フェデラーは昨年、左ひざを故障し、全豪が半年ぶりの復帰戦。体力への影響が心配されたが、4回戦で第5シードの錦織圭(日清食品)、準決勝ではスタン・バブリンカ(スイス)にフルセットにもつれながらも勝ち切り決勝に進出。ナダルとの一戦も、途中でメディカルタイムアウトを取るなどフルセットの死闘となったが、グランドスラムの舞台で見事な復活を果たした。

 2人の4大大会決勝は2011年全仏以来で9度目。全豪での対戦は14年準決勝以来3年ぶりで、過去3度ともナダルが勝っており、フェデラーがついに雪辱した。対戦成績はこれでフェデラーの12勝23敗、4大大会決勝は3勝6敗となった。

 30歳のナダルは、昨年、利き腕の左手首のけがで調子を落とし、第9シードでの出場となったが、今大会は強烈スピンのフォアと持ち前の守備力が戻り3年ぶり4度目の決勝進出を果たした。8年ぶり2度目の優勝と4大大会15勝目を狙ったが、宿敵フェデラーの前に最後は力尽きた。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず
  4. NHK紅白 サチモスなど7組初出場 TOKIO選ばれず
  5. 大阪府保健所 ゲイカップル宿泊拒否のラブホを行政指導

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです