メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全豪テニス

フェデラーが7年ぶり5回目優勝

 【メルボルン(オーストラリア)浅妻博之】テニスの4大大会第1戦、全豪オープン最終日は29日、男子シングルス決勝が行われ、第17シードのロジャー・フェデラー(スイス)が第9シードのラファエル・ナダル(スペイン)を6-4、3-6、6-1、3-6、6-3で降し、7年ぶり5回目の優勝を飾り、優勝賞金370万豪ドル(約3億2000万円)を獲得した。

 フェデラーは、4大大会通算18勝目で、自身の持つ男子の最多勝利数を更新した。35歳での4大大会制覇は、プロ選手の出場を解禁した1968年オープン化以降、35歳以上で三つのタイトルをとったケン・ローズウォール(オーストラリア)に次ぐ高齢優勝となった。全豪での通算5勝目は、通算6勝で並ぶノバク・ジョコビッチ(セルビア)とロイ・エマーソン(オーストラリア)に次いで史上3位。ナダルは8年ぶり2度目の優勝を逃した。

 混合ダブルス決勝は、ノーシードから勝ち上がった、アビゲイル・スピアーズ(米国)フアンセバスティアン・カバル(コロンビア)組が初優勝した。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゆるキャラ GPは志木の「カパル」 注目の四日市は3位
  2. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
  3. 全国人権・同和教育研究大会 差別なき世界、子どもに 教育者ら討論や発表 大津など6市 /滋賀
  4. 茨城 牛久シャトー、飲食・物販店閉鎖へ 明治36年創業
  5. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです