メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全豪テニス

フェデラーが7年ぶり5回目優勝

 【メルボルン(オーストラリア)浅妻博之】テニスの4大大会第1戦、全豪オープン最終日は29日、男子シングルス決勝が行われ、第17シードのロジャー・フェデラー(スイス)が第9シードのラファエル・ナダル(スペイン)を6-4、3-6、6-1、3-6、6-3で降し、7年ぶり5回目の優勝を飾り、優勝賞金370万豪ドル(約3億2000万円)を獲得した。

 フェデラーは、4大大会通算18勝目で、自身の持つ男子の最多勝利数を更新した。35歳での4大大会制覇は、プロ選手の出場を解禁した1968年オープン化以降、35歳以上で三つのタイトルをとったケン・ローズウォール(オーストラリア)に次ぐ高齢優勝となった。全豪での通算5勝目は、通算6勝で並ぶノバク・ジョコビッチ(セルビア)とロイ・エマーソン(オーストラリア)に次いで史上3位。ナダルは8年ぶり2度目の優勝を逃した。

 混合ダブルス決勝は、ノーシードから勝ち上がった、アビゲイル・スピアーズ(米国)フアンセバスティアン・カバル(コロンビア)組が初優勝した。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  2. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
  3. 質問なるほドリ NHK受信料、支払いは義務? テレビ設置日から 最高裁が初判断=回答・伊藤直孝
  4. NHK受信料 憲法判断 契約成立時期なども あす最高裁判決
  5. 金足農 寄付2億7000万円に 文化祭は一般公開中止に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです