メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

ノーゴール判定に泣いたバルサ、指揮官や選手が苦言…テクノロジー導入を提案

情報提供:サッカーキング

ベティス戦でのノーゴール判定についてスアレスらが言及した [写真]=Getty Images
 リーガ・エスパニョーラ第20節が29日に行われ、ベティスとバルセロナが対戦。同試合の後半に起きた“ノーゴール判定”が波紋を呼んでいる。スペイン紙『マルカ』が報じている。

 試合はスコアレスで迎えた75分にベティスが先制。90分にバルセロナはウルグアイ代表FWルイス・スアレスのゴールで追いついたが、引き分けに終わり、勝ち点1を得るにとどまった。

 波紋を呼んでいるのはバルセロナ1点ビハインドで迎えた76分のプレー。右サイドのスペイン代表DFアレイクス・ビダルのクロスをベティスDFがクリアしようとして足に当たったボールがゴール方向に転がった。ゴールラインを割ったように見え、バルセロナの選手たちは審判に抗議。しかしながら、アルジェリア代表DFアイサ・マンディがラインを割る前にクリアしたとしてノーゴールの判定となった。

 これを受けて、バルセロナのルイス・エンリケ監督や、選手たちがコメント。エンリケ監督は「テクノロジーが審判を助けてくれるのは明らかだ。前から言っているんだけどね」と話し、A・ビダルも「審判の責任ではない。問題はゴールラインテクノロジーがないことだ」と主張した。

 また、スアレスは「ボールはラインを1メートルは越えていたね。審判は一生懸命やっているんだけど」と苦言。それでも、「相手は上手くプレーしていたし、僕たちはもっと早く目覚めるべきだった。良いパフォーマンスができていなかったことはわかっているよ」と、反省も口にした。

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  2. サクラの名所・中国の武漢大、警備員が花見の「和服」学生に暴行 ネットで炎上、批判が殺到
  3. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  4. 「お茶くみ」でつまずき…… 発達障害「6カ所以上の職場」3割
  5. 特集ワイド 増える「発達障害グレーゾーン」 しんどさ続き、浮く存在に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです