メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

寝ても覚めても

ライバルは17歳=冨重圭以子

 このニュースには驚いた。フィギュアスケート男子のネーサン・チェン選手(米国)が全米選手権のフリーで4回転ジャンプ4種類を計5回跳んだ、という。ショートプログラムでも2回跳んだから、全部で7回も4回転ジャンプを決めたのだ。

 すぐにフリーの動画を探して見てみた。事実だった。

 日本ではJR東海の「うましうるわし奈良」シリーズCMで流れる曲としてなじみのある「だったん人の踊り」。この曲に乗って、一度も転ばずに滑り切った。

 13の要素のうち、最初の四つはすべてジャンプ。しかも4回転ルッツ-3回転トーループという、今最も難…

この記事は有料記事です。

残り624文字(全文883文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  2. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  4. 静岡・沼津 「深海プリン」インスタ映えで話題
  5. シンポジウム 戸田恵子さん 認知症だった母の介護語る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです