メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なにわ人模様

3Dプロジェクションマッピングの芸術家 村松亮太郎さん /大阪

大阪の街を眺める村松亮太郎さん=大阪市阿倍野区のあべのハルカスで、畠山哲郎撮影

最新作が一番の代表作 世界観と物語加え投影 村松亮太郎さん(45)

 建物に投影される色とりどりの光。窓や柱が生き物のように動いて見え、さまざまな映像や文字がダイナミックに動き出す。

 プロジェクターの映像を、建物などの形状にあわせて映し出す「3Dプロジェクションマッピング(PM)」。これまで東京駅やあべのハルカスなどで、自作のPMを披露した。「スクリーンの外に出て、現実の空間に映像を投影できるのが魅力」と語る。

 堺市出身。「勉強もスポーツもでき、生徒会長。嫌な子供でした」。だが思春期を迎え、「完璧人間には分か…

この記事は有料記事です。

残り655文字(全文911文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三越伊勢丹 3店閉鎖へ 新潟、相模原と府中
  2. 県教委 バイク免許に新要項 高校生「3ない運動」廃止 /埼玉
  3. 台風24号 沖縄は大しけ 30日ごろ西日本直撃恐れ 
  4. 安室さんコンサート 療育手帳で入場断られ…「取り返しがつかない」憤りの声
  5. 鉄道 台風予測 広がる「計画運休」 リスクを回避

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです