メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ミナトと生きる

神戸開港150年 みなと銀行・尾野会長 幼少の記憶、今も鮮明 先人の知恵、あふれる街 /兵庫

生田神社の鳥居前を走る市電の写真(1968年ごろ)を見つめ、当時を懐かしむみなと銀行の尾野俊二会長。市電はその後廃止された=神戸市中央区の同行本店で、元田禎撮影

 みなと銀行会長の尾野俊二さん(66)は、小学から大学まで神戸で学び、三井住友銀行の前身の一つである神戸銀行に入行した。それだけに、古里に対する思いはひとしおだ。

 須磨区出身で、5歳ごろ中央区に引っ越した。「小学校低学年だったかな、遊びに飽きると神戸港周辺まで足を伸ばした。自宅から神戸港までは、子どもの足では遠かったから、親に知られるとよく叱られた。貨物を運ぶ蒸気機関車を見るのも楽しみの一つだった」と笑う。

 ミナト神戸を支えたJR貨物専用線「神戸臨港線(神戸港-東灘信号場駅3・4キロ)は2003年、96年…

この記事は有料記事です。

残り793文字(全文1048文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  2. 受験と私 鳩山由紀夫さん「東大の合格確率は5%以下だった」
  3. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  4. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  5. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです