メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

始動

トランプ政権 米入国禁止 7カ国、テロ関与なし 「矛盾」高まる批判

 【ワシントン西田進一郎、清水憲司、ロサンゼルス長野宏美】トランプ米大統領が出した中東・アフリカの7カ国からの入国を一時禁止する大統領令について、テロリストの入国阻止という目的に合うのかという批判が出ている。7カ国の出身者が米国内の大規模テロに関与したケースがないためだ。大統領令の解釈が二転三転していることも混乱に拍車をかけているようだ。

 「正当な理由とビザがあるのに帰国させるなんてひどい」。ロサンゼルス国際空港で29日、抗議デモに参加…

この記事は有料記事です。

残り2771文字(全文2991文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 奄美大島 ノネコ捕獲で論争 クロウサギ捕食で
  3. ORICON NEWS ぼくりり、来年1月で活動終了へ「偶像に支配されちゃうことに耐えられない」
  4. 東海第2原発 避難計画拒否を 石岡市長に市民団体 /茨城
  5. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです