メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ごく初期なら回復可能か

国立精神・神経医療研究センターなどの研究チーム発表

 ごく初期のアルツハイマー病患者のものに似た状態にしたラットの脳の神経細胞を、原因物質を取り除くことで元に近い状態に戻すことに成功したと、国立精神・神経医療研究センターなどの研究チームが31日、英オンライン科学誌「モレキュラー・ブレイン」に発表した。治療法や予防法の開発につながると期待される。

 国内のアルツハイマー病患者は250万人以上と推定される。発病の仕組みは未解明だが、不要なたんぱく質「アミロイドβ」が2~30個ほど集合した「オリゴマー」が脳内に蓄積し、神経細胞が徐々に死ぬと考えられている。オリゴマーを除去すれば細胞を回復できることを実証したのは初めてという。

 チームはオリゴマーを加えて2日間培養し、情報伝達に関わるたんぱく質などに異常を起こしたラットの神経細胞を、オリゴマーを含む培養液と含まない培養液でそれぞれ2日間培養した。オリゴマーを含む培養液の細胞は異常がさらに進行したのに対し、含まない培養液の細胞は正常に近い状態に回復した。

 人の脳でも、蓄積し始めたごく初期の段階でオリゴマーを除去できれば、治療や予防ができる可能性がある。

 現在、オリゴマーの蓄積を防ぐ薬の開発や、蓄積具合を把握して治療開始のタイミングを解明する研究が世界中で進められている。チームの荒木亘・同センター神経研究所室長(神経科学)は「できるだけ早期に治療を始めれば、病気の進行を防ぎ、回復が見込まれるかもしれない。オリゴマーの毒性を低減することも治療につながると考えられ、新しい薬の開発を目指したい」と話す。【藤野基文】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福井・中2自殺 「怒声、身震いするほど」目撃生徒証言 
  2. 福井・中2自殺 別の生徒が不登校 同じ副担任が指導
  3. 万引き 「自分の金使いたくない」福岡県職員を現行犯逮捕
  4. 福井・中2自殺 母親「教師のいじめ」 学校への不信感も
  5. 中国道事故 タイヤ落下の車の運転手を任意聴取 岡山県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]