メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

豊洲市場

地下水管理施設など契約額は65億3270万円

豊洲市場=東京都江東区で、本社ヘリから梅村直承撮影

3社と都環境公社の再調査分は計1076万円

 東京都の豊洲市場の地下水モニタリングで国の環境基準値を大幅に超える有害物質が検出されたことを受けた都議会豊洲市場移転問題特別委員会が31日始まり、都側は地下水管理施設の整備やモニタリング調査を請け負った3社と3JV(共同企業体)との契約額を約65億3270万円と公表した。

 契約額には、地下水管理施設の整備工事費と地下水管理システムの設計委託費、モニタリング調査費が含まれ…

この記事は有料記事です。

残り201文字(全文409文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ミナミ拠点の半グレ集団「アビス」リーダーら数十人逮捕 傷害容疑など
  2. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  3. ORICON NEWS 2018年 今年の漢字は「災」に決まる  “平成最後”過去23年間分も紹介&解説
  4. 大阪市の指定暴力団幹部宅で拳銃4丁と覚醒剤約1.5キロを押収
  5. 藤井七段、通算100勝 最年少・最速で達成

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです