メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

豊洲市場

地下水管理施設など契約額は65億3270万円

豊洲市場=東京都江東区で、本社ヘリから梅村直承撮影

3社と都環境公社の再調査分は計1076万円

 東京都の豊洲市場の地下水モニタリングで国の環境基準値を大幅に超える有害物質が検出されたことを受けた都議会豊洲市場移転問題特別委員会が31日始まり、都側は地下水管理施設の整備やモニタリング調査を請け負った3社と3JV(共同企業体)との契約額を約65億3270万円と公表した。

 契約額には、地下水管理施設の整備工事費と地下水管理システムの設計委託費、モニタリング調査費が含まれている。また、都が行う再調査に新たに1076万円の費用がかかることが分かった。

 質疑で、都側は「地下水は飲用ではないため汚染の除去などの措置は求められておらず、モニタリングも実施の義務はない」として、モニタリングは土壌汚染対策法上義務付けられたものではなく、都が任意で実施したと説明。「生鮮食料品を扱う市場として安心・安全を確保するため」と述べた。菅野弘一議員(自民)の質問に答えた。【川畑さおり】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
  2. 今治市長 「聞いたと思う」首相と理事長会ったという報告
  3. 働き方改革関連法案 高プロ、懸念払拭されず 衆院委可決
  4. アメフット 対応後手「判断ミス」 日大学長会見
  5. アメリカンフットボール 悪質反則 日大、消せぬ不信感 コーチ発言に矛盾

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]