メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全豪テニス

錦織圭、集中力の面で課題

錦織圭=竹内紀臣撮影

 【メルボルン(オーストラリア)浅妻博之】テニスの4大大会第1戦、全豪オープンは29日に当地で閉幕し、男子シングルスは第17シードのロジャー・フェデラー(スイス)、女子シングルスは第2シードのセリーナ・ウィリアムズ(米国)の35歳の両ベテランが制した。決勝で敗れた30歳のラファエル・ナダル(スペイン)、36歳のビーナス・ウィリアムズ(米国)を合わせ、プロ出場を解禁した1968年以降初めて男女決勝進出者を30代が独占。男子世界1位のアンディ・マリー(英国)、女子世界1位だったアンゲリク・ケルバー(ドイツ)ら上位シード勢が早々に姿を消す中、元世界1位が復活を印象づけた。

 選手から「球足が速い」との声が上がった今大会のハードコートだが、その傾向を裏付けるように強打を売り…

この記事は有料記事です。

残り526文字(全文862文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  2. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  4. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  5. 国語世論調査 「存亡の危機」83%が使用 「新語で苦労」55% 16年度

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです