メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

始動

反トランプ、足元で 入国禁止に国務省・党・産業界

 トランプ米大統領は1月30日、司法省トップを務めるイエーツ長官代理を解任した。中東・アフリカのイスラム圏7カ国からの入国を一時禁止する大統領令を擁護しないよう、省内に指示したのが理由。またAP通信は同日、数百人の国務省職員が「実効性に欠け反米感情を高める」として大統領令に反対する意見書に賛同する可能性があると伝えており、政府内部から反対が相次ぐ異常事態になっている。

この記事は有料記事です。

残り2002文字(全文2187文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮内庁 仁徳天皇陵を発掘へ 今月下旬から堺市と共同で
  2. 米軍 世界のF35全機を飛行停止 米南部で墜落、検査
  3. 今どきの歴史 世界遺産候補 百舌鳥・古市古墳群(大阪府) 悩ましき被葬者論争
  4. 米国 F22ステルス戦闘機 ハリケーンで損傷か
  5. ステルス戦闘機 ハリケーン直撃で大量に大破か 米国

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです