メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

始動

対中協議いまだなく トランプ氏周辺、強硬発言相次ぐ

 【北京・石原聖】トランプ米大統領は就任後の初会談をメイ英首相と行い、プーチン露大統領らと相次いで電話協議をして外交を始動させたが、中国首脳との公式な接触はまだ実施されていない。トランプ氏は台湾を中国の一部とみなす「一つの中国」政策の見直しを示唆しており、中国側は警戒感を強め、トランプ氏の出方を見定めていく方針とみられる。

 米国で2009年にオバマ前政権が発足した際、中国の胡錦濤前国家主席とオバマ氏の最初の電話協議は発足…

この記事は有料記事です。

残り836文字(全文1048文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 三鷹でアパート火災、1階の部屋から1遺体
  3. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り
  4. 硫黄島戦没者遺骨 遺族「DNA鑑定を」 厚労省は「遺品なし」理由に拒否
  5. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです