メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「うるさい」マンション住民ら、青二プロ提訴

 声優らの養成所の騒音で平穏な生活を送る権利を侵害されたとして、大阪市内のマンション住民ら3人が、同じマンションの養成所の運営に関わる「青二(あおに)プロダクション」(東京都港区)にレッスンの差し止めを求める訴えを大阪地裁に起こした。プロダクション側は1日の第1回口頭弁論で、「レッスン行為はマンションの管理規約に違反していない」と争う姿勢を示した。

 養成所は1983年に開校した「青二塾大阪校」(大阪市淀川区)。ホームページなどによると、青二塾は東京校もあり、「青二プロダクション付属俳優養成所」と紹介。声優や俳優を目指す塾生に発声や演技の指導を行い、テレビアニメ「暗殺教室」の主人公や「名探偵コナン」のヒロイン役を演じた実力派声優らを多く輩出している。

 訴状などによると、大阪校はJR新大阪駅近くの12階建てマンションの4部屋を使い、うち2部屋を練習場として利用している。住民側は「数十人の塾生が集まる週末のレッスン時、騒音や振動に悩まされている」と主張。管理規約は発声や演技の練習場としての利用を認めておらず、「住民らが平穏な生活を送ることを保障した人格権を侵害している」と訴えている。

 一方、プロダクション側は答弁書で、発声練習は短時間で他の実技も日常生活音のレベルにとどまり、ダンス練習は昨年10月から別の場所でしていると説明。「過去に苦情はなく、管理組合の理事会は規約違反はないと判断している」と反論している。

 プロダクションは「訴訟中でコメントできない」としている。【原田啓之】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強制わいせつ容疑 小学校キャンプ見守り役の男逮捕 福岡
  2. 仙台市長選 国政が直撃 敗れた与党陣営、恨み節
  3. アニメ 「忍たま乱太郎」ファン300人聖地巡り 尼崎
  4. クローズアップ2017 内閣支持率26% 危険水域、政権に衝撃 改憲日程に影響も
  5. 仙台市長選 郡和子氏が初当選 自公敗北、加計問題影響

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]