メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

柔道仕込み、異能の力士…元時天空死去

2007年3月の春場所で、横綱・朝青龍(下)に送り倒しで勝つ時天空=幾島健太郎撮影

朝青龍らを「奇襲」

 1月31日に悪性リンパ腫のため死去したモンゴル出身、大相撲元小結・時天空の間垣親方は、柔道の経験を生かした足技で、独特の存在感を見せた異能力士だった。

 少年時代、朝青龍(元横綱)らと同じクラブで柔道をし、モンゴル国立農大在学中の2000年、スポーツ交流留学生として東農大へ。相撲部に入り、学生タイトルを獲得するなど才覚を現した。

 農政・食糧技術を修めて帰国し、母国で教職に就くはずが、幕内で活躍していた朝青龍を見て「自分もやれる…

この記事は有料記事です。

残り568文字(全文792文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  2. 原爆写真カラー化 がれき画像500枚学習 記憶すり合せ
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  5. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです