メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界へのステップ

第66回別府大分毎日マラソン・5日号砲 引退覚悟からの再起 旭化成・丸山文裕(26)

別大毎日マラソンに向けて順調な調整を続ける旭化成の丸山

 けがに苦しめられ、一度は引退を覚悟しながら再起を果たした。2度目のマラソンは出身地・大分で開かれる別大毎日を選んだ。「優勝して世界で戦うためのステップアップにしたい」。過去、別大で初優勝し、1992年バルセロナ五輪で銀メダルに輝いた森下広一氏(現・トヨタ自動車九州監督)ら旭化成の偉大な先輩に続こうという思いは強い。

 昨年3月のびわ湖毎日では初マラソンながら30キロ付近で最初に日本人集団から飛び出す積極的なレース運…

この記事は有料記事です。

残り578文字(全文787文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛暑続く 熱中症注意 こうして予防、症状出たらこう対処
  2. 過労死 部活指導で認定 時間外勤務、月100時間 富山の教諭
  3. IR実施法案 カジノの客、観光する? 政府は誘導丸投げ 専門家から批判
  4. 猛暑の日本列島 熱中症、3連休で14人死亡
  5. 地震 茨城で震度4 津波の心配なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]