メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

千葉県が「カメハンター」採用

特定外来生物のカミツキガメ=環境省提供

 千葉県は1日、増加する特定外来生物・カミツキガメの駆除を専門とする職員を採用した。1月末までペット店に勤務していた今津健志さん(33)で任期は3年。「カメハンター」は全国でも異例だ。

     カミツキガメは国内で唯一、同県印西市などにまたがる印旛沼周辺で大量繁殖が確認され、1万6000匹以上が生息すると推定される。減らすには、少なくとも年1250匹のメスを駆除する必要がある。

     今津さんは10歳からカメを飼い、大学院や企業でも研究・調査した筋金入りのカメ好き。生態系を乱し、人にかみつく恐れがあるため駆除するが「カメに罪はない」と首をすくめる。【渡辺暢】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. プロ野球CS 22日、23日中止なら広島王手 
    2. 台風21号 列島大雨か 「特別警報」の可能性
    3. 特集ワイド 衆院選 投票すべきか迷うあなたに 棄権は危険 「抗議の白票」は逆効果
    4. イオン 21日から「台風コロッケ」 通常より5割増し
    5. 原付きバイク カープナンバープレートも交付 広島市

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]