メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

千葉県が「カメハンター」採用

特定外来生物のカミツキガメ=環境省提供

 千葉県は1日、増加する特定外来生物・カミツキガメの駆除を専門とする職員を採用した。1月末までペット店に勤務していた今津健志さん(33)で任期は3年。「カメハンター」は全国でも異例だ。

     カミツキガメは国内で唯一、同県印西市などにまたがる印旛沼周辺で大量繁殖が確認され、1万6000匹以上が生息すると推定される。減らすには、少なくとも年1250匹のメスを駆除する必要がある。

     今津さんは10歳からカメを飼い、大学院や企業でも研究・調査した筋金入りのカメ好き。生態系を乱し、人にかみつく恐れがあるため駆除するが「カメに罪はない」と首をすくめる。【渡辺暢】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. くらしナビ・ライフスタイル 減らぬ大阪市の生活保護受給 本当の課題とは
    2. 認知症無理心中 老老介護の末 遺書に「じいじ、ごめん」
    3. ファンキー末吉さん JASRACを「不当」と上申書
    4. 福岡・福智町長 違法売却、難色の課長排除 早期手続狙い
    5. フィンランド 通行人刺され2人死亡 男拘束、8人搬送

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]