メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

千葉県が「カメハンター」採用

特定外来生物のカミツキガメ=環境省提供

 千葉県は1日、増加する特定外来生物・カミツキガメの駆除を専門とする職員を採用した。1月末までペット店に勤務していた今津健志さん(33)で任期は3年。「カメハンター」は全国でも異例だ。

     カミツキガメは国内で唯一、同県印西市などにまたがる印旛沼周辺で大量繁殖が確認され、1万6000匹以上が生息すると推定される。減らすには、少なくとも年1250匹のメスを駆除する必要がある。

     今津さんは10歳からカメを飼い、大学院や企業でも研究・調査した筋金入りのカメ好き。生態系を乱し、人にかみつく恐れがあるため駆除するが「カメに罪はない」と首をすくめる。【渡辺暢】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 明治 「カール」販売終了 中部地方以東 販売低迷で
    2. 加計学園 前川氏会見詳報(1) 「あったことをなかったことにはできない」
    3. 将棋 14歳プロ藤井四段 無敗13連勝 羽生に迫る神童
    4. 加計学園 前文科事務次官「文書は確実に存在」
    5. 統幕長 定年再延長 野党、「ありがたい」発言批判

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]