メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

追跡

佐賀・玄海原発、使用済み燃料保管 新施設メド立たず 現有プール、5年後に満杯 容量増改修、規制委慎重

 九州電力が早期再稼働を目指す玄海原発3、4号機(佐賀県玄海町)は、使用済み核燃料を保管するプールが稼働から5年程度で満杯になる見込みだ。九電はプールの容量を増やす改修工事や、新たな保管用施設の建設を検討しているが、安全性などへの懸念もあり、いずれも具体的な実現時期が見通せない。一方で今月中には立地自治体の玄海町が再稼働に同意するとみられ、解決策が見つからないまま、今夏にも再稼働する可能性がある。【関東晋慈、尾垣和幸、遠山和宏】

 「自分たちの住む場所に使用済み核燃料があるなんて耐えられない」。玄海原発から約1・5キロ離れた佐賀…

この記事は有料記事です。

残り1152文字(全文1418文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夏の高校野球 秋田県民「正直驚いた」金足農快進撃のなぜ
  2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  3. 夏の高校野球 大阪桐蔭、2度目の春夏連覇 史上初
  4. 夏の高校野球 個の力に頼らない強さ 大阪桐蔭
  5. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです