メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教研集会始まる…延べ1万人参加 新潟

 日本教職員組合の第66回教育研究全国集会が3日、新潟市で始まった。5日までの期間中に特別分科会も含め計25の分科会が開かれ、全国から延べ約1万人の教員らが参加する予定。

     2020年度の大学入試改革に伴ってコミュニケーション能力が重視されるようになる英語教育や、主権者教育と政治的中立性など、さまざまなテーマのリポート約670本が発表される。

     岡島真砂樹・委員長代理は全体集会で、トランプ米大統領の誕生などに触れ「世界が内向きになりつつある今こそ、未来に向けた希望と期待を教育の中に見いだしていきたい」とあいさつした。【伊澤拓也】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 会津藩公行列 勇壮に美しく 綾瀬はるかさん4年連続参加
    2. ライフスタイル 自分を不幸にする3つの思考は「認めない、比べる、●●●●」(GetNavi web)
    3. 阪急西宮ガーデンズ スーパーでパジャマ8着が燃える
    4. 堺市長選 「反維新」陣営の連勝 波紋大きい維新の敗北
    5. ORICON NEWS 稲垣・草なぎ・香取の写真がついに“SNS解禁” ファンから歓喜の声続々[反響を更新]

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]