メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2号機「1分弱で死亡」の毎時530シーベルト

東京電力福島第1原発2号機の格納容器内で見つかった穴。東京電力が画像を合成=同社提供

格納容器内の映像解析で推定 1メートル四方の大きい穴も

 東京電力は2日、福島第1原発2号機の格納容器内部で撮影した映像を解析した結果、グレーチング(金属製の格子状足場)に穴が2カ所見つかり、内部の放射線量は最大毎時530シーベルト(推定)だったと発表した。第1原発事故で観測された線量としては最大。

 大きい穴は1メートル四方で、もう一つは不明。ともに溶融した核燃料が落下し、足場が陥没してできたとみられる。東電は月内にもカメラが付いた「サソリ型ロボット」を投入して内部調査する計画だったが、二つの穴はともに走行ルート上に位置する。

 第1原発で過去に測定された最大線量は、2号機内部の毎時73シーベルト。東電は数値には30%程度の誤差があるとしている。人間は積算7シーベルト被ばくすると死ぬとされ、毎時530シーベルトは1分弱で死ぬほどの高いレベルだ。【柳楽未来、酒造唯】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「オタ芸」訴訟 男性の控訴棄却「鑑賞の仕方はさまざま」
  2. 二階幹事長 「失言は仕事だから」
  3. 桑原武夫蔵書 遺族に無断で1万冊廃棄 京都市が謝罪
  4. 地震動予測地図 関東~四国で高い確率継続…震度6弱以上
  5. 18歳のリスク ローンカード契約 だまされ120万円、即日借金

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]