メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外

号外の一覧

高浜原発再稼働可能に 地裁仮処分取り消し

著作権料、音楽教室からも徴収 18年から

ヤマハ音楽振興会など教室側は反発

 日本音楽著作権協会(JASRAC)は2日、ピアノなどの音楽教室の演奏について、来年1月から著作権料を徴収する方針を発表した。JASRACによると、全国約1万1000カ所と推定される教室のうち、当初の対象はヤマハ音楽振興会など大手の約9000カ所。教室側は反発している。

 著作権法は、不特定多数に聴かせる目的で演奏する権利「演奏権」を、作曲家などの著作権者が専有すると定めている。JASRACは演奏権の管理強化を進め、楽器演奏などを指導するカルチャーセンターからはすでに徴収している。さらに音楽教室も対象とすることについて、大橋健三常務理事は「営利目的ではない、といった例外には当たらない」と説明する。

 JASRACは、演奏権に伴う著作権料を年間受講料収入の2.5%とする案を検討中。先月下旬から、各事業者に書面での通知などを始めた。7月には文化庁に徴収の規定を提出する予定で、今後も教室側と協議を続けるとしている。

 徴収に反対している音楽教室側は2日、協議会を発足させた。ヤマハ音楽振興会の広報担当者は「教育目的であり、演奏権の範囲は及ばない、と一貫して主張している」と説明。顧問弁護士は「著作権料がレッスン料に転嫁され、音楽を学ぼうとする人が減り、文化発展を阻害する恐れの方が大きい」などとする見解を示した。【最上聡】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 森友問題 松井・大阪府知事「学園と首相は関係ある」
  2. 選抜高校野球 主戦三浦完投 再試合制し福大大濠初の8強
  3. 爆破予告 渋谷区役所に男から電話 建物外へ一時全員避難
  4. クローズアップ2017 雪崩8人死亡 訓練続行判断、なぜ
  5. 栃木・那須の雪崩 8人死亡 雪、一瞬で胸まで 生還生徒ぼうぜん 「無事で」祈り届かず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]