メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

星下りの梅

脈々、開花 江戸後期、草双紙の舞台 厚木の妙伝寺 /神奈川

釈迦堂の南側で咲く紅梅「星下りの梅」を感慨深そうに見上げる荒井さん

農民戯作者「柏琳」の子孫、感慨 相模原・荒井さん

 江戸時代後期に相模国磯部村(現在の相模原市南区磯部)に住んだ草双紙の農民戯作者、仙客亭柏琳(せんかくていはくりん)(本名・荒井金次郎)が書き下ろした「星下梅花咲(ほしくだりうめのはなざき)」の舞台となった相州・依知村(厚木市上依知)の日蓮宗・星梅山妙伝寺に、鎌倉時代から「星下りの梅」と伝わる梅の子孫が今も息づいている。柏琳から5代目の日相印刷(相模原市南区麻溝台)会長、荒井徹さん(78)が寺を訪れて紅梅を感慨深げに見上げ、柏琳の足跡をしのんだ。【高橋和夫】

 寺の縁起によると、寺は北条時宗が鎌倉幕府の執権当時、佐渡守護代だった本間重連の屋敷に日蓮宗の宗祖、…

この記事は有料記事です。

残り1057文字(全文1362文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加計学園 地震やW杯日本戦、会見設定を疑問視
  2. 地震 大阪・震度6弱 渋滞し松井知事が災害会議を欠席
  3. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  4. 大阪震度6弱 お店、徐々に再開 一部工場で操業停止続く
  5. ベッカム 日本VSコロンビア戦パブリックビューイングでお台場“降臨” 伝説のフリーキック披露 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]