メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

税制改正の巻

パート年収はいくらまでがお得? 控除や減税の仕組み変更

[PR]

2017年度から、税制が変わります。 まず、タワーマンションです。 高さ60メートル超のマンション高層階を2017年4月以降に買うと、固定資産税が高くなります。 これまでは低層階から高層階まで床面積が同じなら同額でしたが、今後は1階ごとに約0.26%ずつ増減されるのです。 50階建てのマンションの例を見てみましょう。 中間階段が20万円とすると、4月からは50階で21万1821円、1階は18万8179円となります。 節税で高層階を買う富裕層が多いため、不公平感をなくすための改正です。 次にエコカー減税を見ましょう。 対象車種を絞って、2年延長されます。 電気自動車や、40%以上達成車は、引き続き免税です。 それ以外は、燃費水準の達成度に応じて減税率が変わることになります。
「貯蓄より投資」を促す税制改正もあります。 「少額投資非課税制度(NISA)」に新しいタイプが加わります。 若者向けに少額ずつ積み立てるタイプが18年1月に始まります。 積み立て型は年間非課税額が40万円で、期間は20年です。 ただし、現行型との併用はできません。 しかし、給料が上がらないと投資も何もないですよね。 賃上げすると法人税が軽くなる「賃上げ減税」。 現在も既にありますが、17年度からは前年度の従業員1人当たりの平均給与を基準に、賃上げ率が高いほど減税率を上げて賃上げを促します。 賃上げ率が2%以上の場合、大企業は12%、中小企業は22%減税。 2%未満の場合は、中小企業で10%減税ですが、大企業では減税がなくなります。
また、企業が整備する保育所の固定資産税と都市計画税が半減されます。 社宅や駅の近くにも保育所を設置しやすくなります。 今回の改正で最も大きなテーマは配偶者控除です。 「103万円の壁」が話題になりましたが、控除の適用は拡大されます。 配偶者控除は、稼ぎ手(主に夫)の年収から差し引かれる所得税を減らす制度です。 配偶者(主に妻)の生活に最低限必要なお金は課税しないという趣旨です。 配偶者がフルタイム勤務だと対象外なので、「女性の就労を妨げる」「不公平」と批判されてきました。 そこで17年度からは満額の38万円控除を受けられる配偶者の年収上限を、150万円に引き上げます。
ただ、収入が130万円を超えると社会保険料の支払いが生じるため、「130万円の壁」は残ります。 手取り額を維持するには、今まで以上に働かなければなりません。 また、フルタイム勤務には控除がないのは変わりません。 税制大綱は、まず自民党、公明党の各税調が決定し、それを受けて政府が法案を作成。 国会審議を経て可決されます。 自民税調は配偶者控除廃止を目指しましたが、減税分を補う増税の必要があるため、首相官邸に反対されて断念しました。 東京都議選を控えた公明党への配慮でしょう。 大輔は、タワーマンション購入を狙っているようですが、住むのではなく投資用だそうです。 しっかりしていますね…。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相 離党届の豊田氏「あれ女性です」 派閥会合で
  2. 65歳定年 一時検討 15年に政府、経済界反発で見送り
  3. 欅坂46 握手会で刃物所持 男を逮捕 千葉・幕張メッセ
  4. クローズアップ2017 「人質外交」いらだつ米 学生、解放後死亡 北朝鮮拷問か、怒り渦巻く
  5. スマホ 家計を浸食 ガラケーから移行、データ量増え 格安広がらず、16年過去最高 総務省通信料調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]