メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

達医

不整脈、タイプ別対応を 豊岡照彦・東大名誉教授(器官病態内科)

=長谷川直亮撮影

 体の中心にあり、生命維持に欠かせない臓器が心臓だ。それゆえに、わずかな変化だけでも心配になる。中でも、胸の不快感や痛みなどで発覚する不整脈の場合、命にかかわる治療が必要なケースと、心配しなくてもよいケースに分かれる。不整脈の基礎知識について、豊岡照彦・東大名誉教授(器官病態内科)に聞いた。【高野聡】

この記事は有料記事です。

残り2209文字(全文2360文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  2. 佳子さまがICU卒業 「充実した学生生活に感謝」
  3. 乳がん さいたま出身の54歳北村さん、自らの体験出版 ありのままの大切さ思い 術前と術後の写真掲載 /埼玉
  4. 札幌で雪 冬に逆戻り 24日まで気温低く
  5. 女性用アダルトグッズ、百貨店で好評 展開仕掛ける女性広報の思い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです