メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読書日記

著者のことば 中原一歩さん

「夢遊病者たち」=宮武祐希撮影

 ■私が死んでもレシピは残る 小林カツ代伝 中原一歩(なかはら・いっぽ)さん 文芸春秋・1620円

間髪入れぬ「天性の舌」

 鮮烈なエピソードから始まる。ピースボートのスタッフだった1990年代後半、テレビの中でしか知らない小林カツ代さんに、年越しの船上で黒豆を炊いてもらうことを思いつく。当時、20代初めの若造。「手紙を書いてお願いするなんていう礼儀を知りませんでした」と、いきなり電話をかけた。「面白いわね。私、行くわ」。間髪入れずに返ってきた声に驚いた。人気料理研究家との十数年にわたる付き合いがスタートした。

 「新しい世界に自分の力でこぎ出す行動力があった方でした。『どんな所へ連れて行かれるか』という不安に…

この記事は有料記事です。

残り627文字(全文933文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はしか、近畿で大流行 患者数の約7割が6府県と三重
  2. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  3. 教義でワクチン非接種 宗教団体ではしか集団感染、拡大か
  4. はしか発症16人に 「あべのハルカス」買い物客も
  5. 「AKB48」の握手会 はしか感染の男性参加 6日、大阪で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです