メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

上毛かるた70年

つなぐ絆 県内一を目指し熱戦 絵札追い一喜一憂 /群馬

「役札」を払って取り、思わず声を上げる選手(右)

 冬の風物詩、上毛かるたの県大会が5日に前橋市内で開かれた。上毛かるた誕生から70年。70回目の節目を迎えた今年の大会も、県内各地の予選を勝ち抜いた小中学生284人が参加して札を取り合った。優勝チーム・選手の喜びの声と熱戦の様子を写真と文で紹介する。【尾崎修二】

 ◆小学高学年 団体 優勝

仲間に支えられ快進撃見せ頂点 紅雲町2丁目子ども会A

 県大会で上位の常連だが、ここ数年は優勝から遠ざかっていた。しかし、今年は予選と決勝リーグを破竹の8連勝で頂点に登りつめた。

 その裏には地域の先輩と、同じ6年生の仲間の支えがあった。

この記事は有料記事です。

残り1403文字(全文1664文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  2. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  3. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  4. 米グーグル、年内にゲーム参入 専用機不要、業界の構図変動も
  5. 辺野古 玉城知事の「上告取り下げ」県政与党は寝耳に水 首相に辺野古「譲歩カード」 /沖縄

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです