メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ワタシのシマネ

~異国の地からIターン 多くの人と温かい交流を 王節節さん /島根

ゼミ形式の専門講義「国際環境政治」で担当教授の説明に耳を傾ける王節節さん=島根県浜田市野原町の県立大講義研究棟で、横井信洋撮影

◇中国→浜田市 王節節さん(24)=県立大大学院生

 風船をヘリウムガスのボンベで膨らませたり、着ぐるみのパフォーマンスをしたりして、子どもたちの笑顔を見るのが楽しみだ。浜田市内の福祉施設「桑の木園」で昨年11月にあった神楽上演や模擬店の「大収穫祭」の会場で、中国・安徽(あんき)省出身の王節節さん(24)は、ボランティアとして飛び回っていた。ごみ拾いや仮設トイレの清掃も進んで受け持った。

 県立大大学院(浜田市)の北東アジア開発研究科博士前期課程2年で、「中国の都市ごみ問題の解決」をテー…

この記事は有料記事です。

残り782文字(全文1026文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 自民総裁選 「45%」割れる解釈 麻生氏「どこが善戦」
  3. 奄美大島 ノネコ捕獲で論争 クロウサギ捕食で
  4. 唐沢寿明 “充電旅”再び! 出川哲朗と軽井沢へ きょう放送
  5. ORICON NEWS ぼくりり、来年1月で活動終了へ「偶像に支配されちゃうことに耐えられない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです