メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

「若い才能へ刺激期待」 今年、県内で王将・名人戦開催 大山名人記念館長・北村さんに聞く /岡山

大山康晴氏の陶板レリーフの前で将棋タイトル戦の思い出を語る北村実・大山名人記念館長=岡山県倉敷市中央1の同館で、小林一彦撮影

大山氏、中原氏、羽生氏…名勝負刻む

 郷田真隆王将と久保利明九段が争う将棋の王将戦七番勝負(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催)第4局が13、14両日、矢掛町で開かれる。今年は名人戦七番勝負第5局も5月に倉敷市で予定され、複数の七大タイトル戦が同じ年に県内で開かれるのは初。倉敷市出身の故大山康晴十五世名人ら著名棋士との交流を重ねてきた県内棋界の“生き字引”、大山名人記念館(同市)の北村実館長(83)に、県内での過去の対局にまつわる思い出などを聞いた。(各棋士の肩書きはいずれも当時)【小林一彦】

 県内では過去、名人戦は4回、王将戦は2回の対局が行われた。最初の名人戦は1969年4月の第28期第…

この記事は有料記事です。

残り918文字(全文1218文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  3. 堺市長、辞意固める 政治資金収支報告書に2億3000万円不記載
  4. 次期堺市長選に維新が候補擁立の意向 松井代表、竹山氏を批判「潔くなかった」
  5. 低速で横断歩道に進入 ドライブレコーダーに運転手の叫び声も 神戸・バス事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです