メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブルペンで投球練習する巨人の菅野

 3月のWBCに向け、例年よりペースを早めて調整する日本代表選手がほとんどだが、巨人の菅野は焦らない。キャンプインから7日目。ようやくブルペンで捕手を座らせて、50球を投げ込んだ。ただ、ペースは遅くとも、侍ジャパンのエースはやはり別格だ。

 代表でもチームメートの小林が低めに構えたミットに、力強い球が次々と吸い込まれる。習得中のチェンジアップや、WBC公認球で変化が大きくなるシュート系の速球「ワンシーム」も試しながら50球。滑りやすいと…

この記事は有料記事です。

残り330文字(全文549文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  2. 受験と私 鳩山由紀夫さん「東大の合格確率は5%以下だった」
  3. コトバ解説 「デマ」と「ガセ」の違い
  4. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  5. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです