メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

黒鷲旗バレー

男女各16チーム、出場枠決まる

 5月2日に開幕する第66回黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会(毎日新聞社、日本バレーボール協会主催)の選考委員会が7日、大阪市北区の毎日新聞大阪本社で開かれ、男女各16チームのカテゴリー別出場枠が決まった。男子はVプレミアリーグ8、Vチャレンジリーグ3、大学4、高校1。女子はVプレミアリーグ8、Vチャレンジリーグ3、大学3、高校2。

     Vプレミアは男女とも全チームが出場。Vチャレンジは今季リーグ戦の上位3チームが出場する。大学は昨年12月の全日本選手権の結果に基づき、男子は中大、東海大、早大と関西枠の近大、女子は鹿屋体大、筑波大、日体大が選出された。高校はともに1月の全日本選手権を制した男子の駿台学園、女子の下北沢成徳(ともに東京)、さらに女子の関西枠で金蘭会(大阪)が選ばれた。

     組み合わせ抽選会は4月8日に行われ、大会は5月2日から6日間、大阪市中央体育館で開かれる。【和田崇】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. カジノ法案 入場料安すぎ…異論続々 政府が値上げ検討
    2. 台湾地震募金デマ 軽はずみで投稿炎上 個人情報も暴かれ
    3. タクシー 乗務員への悪質行為にイエローカード 北九州
    4. 青森・横浜 イワシの次はクジラ漂着 処分費用困惑
    5. 台湾地震募金デマ 募金「届かぬ」拡散6万 投稿男性仰天

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]