メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドローン

着陸を電波で誘導 過疎地へ宅配、活用期待 無人でも安全、目標

ドローンポートを使った宅配のイメージ

 小型無人機「ドローン」のメーカーと研究者が共同で、地上から電波を発信して安全に着陸を誘導する「ドローンポート」を考案した。宅配への活用が期待されるドローンだが、操縦者や監視者が見えない場所で安全に着陸できるかが課題。国土交通省は月内にもドローンポートが安全に機能するか実験する。【内橋寿明】

 近くに商店がなかったり、高齢で遠くに行きにくくなったりして生活必需品の購入に困っている人たちをサポートするため、政府は早ければ2018年にも離島や山間部でドローンを使った宅配を認める方針。災害時にはドローンを使っていち早く支援物資を届けることもできる。

 ドローンは目的地や経路を設定すれば、操縦しなくても自律飛行できる。今年1月、経済産業省などの実験で…

この記事は有料記事です。

残り925文字(全文1248文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  4. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
  5. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです