メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ごみ袋作りすぎて30年分「なくなりそうにない」

不燃ごみ袋を過剰生産したことを発表した三重県志摩市

 三重県志摩市は、市指定ごみ袋のうち40リットル入りの不燃ごみ袋を過剰生産し、22万6500袋も在庫になっていると発表した。昨年度のこの袋の販売枚数は7500袋で、在庫は30年間分に相当するという。

 市によると、市は可燃、不燃、資源の3種類のごみ袋を取り扱っている。このうち不燃ごみの40リットル入りだけが過剰となった。

 原因について、市は市民の要望を受けて、2014年7月に導入した45リットル入り不燃ごみ袋を、40リットル入りと同じ500円(10枚入り)で販売したため、需要が45リットル入りに集中したと説明している。

 3月1日から実施するごみ袋の値下げで、45リットル入りを250円(同)に、40リットル入りを200円(同)に値下げして需要のバランスをとり、在庫を「2、3年以内に一掃したい」としている。

 ただ45リットル入りの不燃ごみ袋の昨年度の販売枚数は2万3000袋で、市民から「当分なくなりそうにない」との声が上がっている。【林一茂】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. レゴランド 人気も料金も高く…開業1カ月で見えた課題
  2. パインアメチップス フルーツ味のポテチ ツイッターが縁
  3. 首相 大丈夫?答弁の解釈、辞書になく…言葉の粗雑さ露呈
  4. どんたく博多松囃子 800年の歴史 傘鉾の絵に初の女性
  5. ユーリ!!! on ICE 諏訪部順一が“マッカチン愛”語る 「名場面だらけ!」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]