メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本で週末にかけ大雪の恐れ

 冬型の気圧配置が強まる影響で9日から12日にかけて西日本を中心に大雪が見込まれている。9日未明から西日本を中心に各地で降雪が予想され、近畿地方の平野部も雪になりそうだ。気象庁は大雪と路面凍結への警戒を呼びかけている。

     気象庁によると、低気圧が9日、本州南岸と日本海の上空を覆いながら東に進み、冬型の気圧配置になる見込み。10日以降、西日本上空に寒気が流れ込んで冬型の気圧配置が強まり、日本海側では大雪のおそれがある。雪は12日ごろまで続くという。

     9日午後6時までの24時間の降雪量は、近畿、中国地方30センチ▽四国地方20センチ▽東海、九州北部地方15センチ--。近畿北中部の平野部では10センチの雪が降る見通し。【鳥井真平】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 福井・中2自殺 「怒声、身震いするほど」目撃生徒証言 
    2. 福井・中2自殺 別の生徒が不登校 同じ副担任が指導
    3. 万引き 「自分の金使いたくない」福岡県職員を現行犯逮捕
    4. 福井・中2自殺 母親「教師のいじめ」 学校への不信感も
    5. 中国道事故 タイヤ落下の車の運転手を任意聴取 岡山県警

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]