メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

井上監督 一二三&飯田に“期待” グランドスラム・パリ大会(スポニチ)

 柔道日本男子の井上康生監督が、グランドスラム・パリ大会(11、12日)に向けて羽田空港から出発。「20年へのスタートという位置づけ」と話し、東京五輪への代表争いが始まるとの認識を示した。

     今大会では有効の廃止など、大幅に変更された新ルールが適用される。すでに欧州で行われた女子の国際大会でも適用されており「いち早く情報を察知しながら混乱せずに柔軟に対応していく」と冷静に対処する考えだ。また66キロ級の阿部一二三(19歳=日体大)、100キロ級の飯田健太郎(18歳=国士舘高)には「20年に向け層の厚さが必要。2人が存在感を示す大会になれば」と期待した。(スポニチ)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 県立幕張総合高 入試実技ひそかに優遇 体育系事前リスト
    2. 森友学園 籠池氏「2人の時、昭恵夫人から100万円」
    3. 県立幕張総合高 選手集め「うまみ必要」 驚きや怒りの声
    4. 三浦学苑高 落ちているのに「合格」 入試で8人に /神奈川
    5. 愛子さま 「世界の平和を願って」 学習院女子中等科を卒業 記念文集に作文

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]