メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

どこへいくPTA

寺本充氏

 年度末が近づくにつれ、全国各地の学校で次年度のPTA役員選びが大詰めを迎える。「役員や委員のなり手がいない」「強制的に加入させられる」「非効率な活動が多い」。マイナスイメージで語られる一方で、その必要性を論ずる声もある。PTAのあり方を考える。【聞き手・大和田香織】

活動や利点の情報伝えたい 寺本充・公益社団法人日本PTA全国協議会会長

 PTAは元々、子ども同様、大人にも学びの場が必要だということで作られた社会教育団体だ。役員を経験し…

この記事は有料記事です。

残り4325文字(全文4544文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 読売新聞記者がセクハラ 懲戒処分へ
  3. 人口動態統計 10~14歳死因、自殺最多 17年100人、動機不明が突出
  4. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  5. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです