メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「SUPERMAN」 偉大なる人物に焦点を当てたメジャー初フルアルバム

水曜日のカンパネラのメジャー初フルアルバム「SUPERMAN」のジャケット

 ハウスユニット「水曜日のカンパネラ」が、メジャーで初となるフルアルバム「SUPERMAN」(ワーナーミュージック・ジャパン)を8日に発売した。

 水曜日のカンパネラは、楽曲制作を手がけるケンモチヒデフミさん、それ以外を担当するDir.Fさん、ボーカルのコムアイさんによる3人組ユニット。ステージパフォーマンスやメディア露出はコムアイさん一人で担当している。

 今作は、ディズニーの長編アニメーション「アラジン」の主人公「アラジン」、とんちで有名な「一休さん」、映画「ローマの休日」などを代表作に持つ女優「オードリー」(オードリー・ヘプバーン)のほか、さまざまなジャンルの偉才、スーパーな人を楽曲タイトルに掲げて全編を構成している。幕末の歴史的背景を丁寧に描く「坂本龍馬」や、能への造詣の深さをうかがわせる「世阿弥」は、史実を交えた小気味のいいリリックが秀逸だ。

 また、その人物を掘り下げる歌詞のアプローチのほかに、「チャップリン」では抹茶プリンのレシピを歌うなどユーモアにも富んでいる。巧みな言葉遊びと、緻密で高揚感に満ちたサウンドが織り成すカラフルな音楽性は、80年代あたりの懐かしいエッセンスを取り込みながら、最新鋭スタイルを提示しているといえる。

 アルバム「SUPERMAN」は全10曲入り。CD版、特製CD型USB版の2形態で、ともに3000円(税抜き)。(水白京/フリーライター)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 人生相談 「学校に行け」が忘れられない=回答者・ヤマザキマリ
  2. 仮面ライダー 新作は「ビルド」 主人公は史上最高IQの天才物理学者 9月スタート
  3. 加計問題 首相「混同して」 閣僚、元秘書官「記憶が…」
  4. 相模原の障害者施設殺傷 事件1年 19人、生きた証し
  5. コトバ解説 「給与」と「給料」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]