メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国蝶

オオムラサキ、幼虫の越冬数激減 神奈川の繁殖地

 国蝶(こくちょう)オオムラサキの神奈川県内最大級の繁殖地とされる秦野市渋沢の八国見山(319メートル)で、南面区域の大規模な霊園開発の影響から幼虫の越冬数が激減していることが、NPO「日本チョウ類保全協会」などのフィールド調査で分かった。11日に東京・代々木の国立オリンピック記念青少年総合センターで開かれる「チョウ類の保全を考える集い」で調査結果の概要が発表される。【高橋和夫】

 霊園への進入道路の建設で葉が幼虫の餌となるエノキが移植されたことや、霊園計画区域(広さ19.9ヘク…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町
  2. 南アフリカ 航空機の車輪格納部から遺体 密入国か
  3. 世界の雑記帳 米ユナイテッド航空機内で子犬死ぬ、座席上の棚に収納指示され
  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
  5. 虐待 乳児を真冬に20時間放置し凍傷 容疑の母逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです