メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国蝶

オオムラサキ、幼虫の越冬数激減 神奈川の繁殖地

 国蝶(こくちょう)オオムラサキの神奈川県内最大級の繁殖地とされる秦野市渋沢の八国見山(319メートル)で、南面区域の大規模な霊園開発の影響から幼虫の越冬数が激減していることが、NPO「日本チョウ類保全協会」などのフィールド調査で分かった。11日に東京・代々木の国立オリンピック記念青少年総合センターで開かれる「チョウ類の保全を考える集い」で調査結果の概要が発表される。【高橋和夫】

 霊園への進入道路の建設で葉が幼虫の餌となるエノキが移植されたことや、霊園計画区域(広さ19.9ヘク…

この記事は有料記事です。

残り477文字(全文718文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢
  4. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  5. ライフスタイル 仕事がデキる人はもれなく「習慣の奴隷」である ──『天才たちの日課』(GetNavi web)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです