メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国蝶

オオムラサキ、幼虫の越冬数激減 神奈川の繁殖地

 国蝶(こくちょう)オオムラサキの神奈川県内最大級の繁殖地とされる秦野市渋沢の八国見山(319メートル)で、南面区域の大規模な霊園開発の影響から幼虫の越冬数が激減していることが、NPO「日本チョウ類保全協会」などのフィールド調査で分かった。11日に東京・代々木の国立オリンピック記念青少年総合センターで開かれる「チョウ類の保全を考える集い」で調査結果の概要が発表される。【高橋和夫】

 霊園への進入道路の建設で葉が幼虫の餌となるエノキが移植されたことや、霊園計画区域(広さ19.9ヘク…

この記事は有料記事です。

残り477文字(全文718文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  2. 新潮社 「あのヘイト本」Yonda? 看板に落書き
  3. 貿易制裁 第3弾、消費者直撃 米家電、中国部品に依存
  4. 対中制裁第3弾 日本企業困惑 生産拠点の中国離れ加速か
  5. みんなの広場 切り抜き読み返す「人間」=主婦・横井由美子・67

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです