メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

首都圏連続不審死

木嶋佳苗被告の上告審で弁論、結審

 2009年の首都圏連続不審死事件で男性3人に対する殺人罪などに問われ1、2審で死刑となった木嶋(土井に改姓)佳苗(かなえ)被告(42)の上告審弁論が10日、最高裁第2小法廷(小貫芳信裁判長)であった。弁護側は「被害者が自殺した可能性が高い」などと無罪を主張。検察側は「1、2審に誤りはない」と上告棄却を求めて結審した。判決期日は後日指定される…

この記事は有料記事です。

残り258文字(全文430文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「4人に青酸」「死刑、覚悟できている」青酸連続殺人の筧千佐子被告が記者に心境
  2. 半年前を思い出す大揺れ 札幌・タクシー乗り場に長い列も 北海道地震
  3. 3分遅刻の結果は5時間中断 桜田氏「心から深くおわび」 衆院予算委
  4. 「とても驚いた」「ぎょっと…」夜間の大揺れに厚真町民 北海道地震
  5. 体長3.4mダイオウイカ死骸 河口に 島根・浜田

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです