メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映像のまち・かわさき

毎日映画コンクール ゴジラ川崎に現る/下 街の中、多彩なロケ可能 /神奈川

川崎市内の施設を映画などの撮影地に紹介している寺川香苗さん=川崎市幸区の事務所で

にぎわい、海や川、工業地帯etc.… 市「映像のまち」をPR

 映画など映像の制作者に、川崎市内のロケ地を紹介しているのがNPO法人「かわさきMOVE( ムーブ )ART( アート )OO隊(おうえんたい)」だ。

 その活動の中心を担っているのが中原区在住の事務局長、寺川香苗さん(55)。原点は20年以上前にさかのぼる。勤めていた会社が遠くに移転し、近くの企画会社に勤務することになった。豪華な民家を借り、中で結婚式をする仕事。たまに映像制作会社から「撮影場所にできないか」と問い合わせの電話があり、ロケ地をセッティングする仕事に需要があることに気づいた。

 2005年に幸区で撮影地のコーディネート会社を設立。市が08年、「映像のまち・かわさき」をうたい、…

この記事は有料記事です。

残り700文字(全文1027文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  2. 金正恩時代の北朝鮮 中/正男氏動向、監視強める
  3. 先端に16mの「鼻」 次世代新幹線「ALFA-X」の試験車公開 JR東
  4. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  5. トランプ氏は「底なしピノキオ」 米紙、虚偽主張20回で認定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです