メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

KYOTO地球環境の殿堂

医師・中村哲氏ら3人表彰 持続可能な未来へ世界的功績 左京でシンポ /京都

表彰状を受け取る中村哲氏=左京区の国立京都国際会館で、花澤葵撮影

 「京都議定書の生まれた京都から世界へ向け持続可能な未来につながるメッセージを発しよう」と、世界規模の環境保全に功績があった人を顕彰する「第8回KYOTO地球環境の殿堂」の表彰式とシンポジウムが11日、京都市左京区の国立京都国際会館であった。仏国立社会科学高等研究院のオギュスタン・ベルク教授▽医師で「ペシャワール会」現地代表の中村哲氏▽ウルグアイのホセ・アルベルト・ムヒカ・コルダノ前大統領の3人が表彰され、殿堂入りした。

 環境省、府、京都市などでつくる運営協議会の主催。オギュスタン教授は、和辻哲郎の「風土」の研究を深め…

この記事は有料記事です。

残り428文字(全文690文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. ガンバレルーヤ・よしこさん 病気のため一時休養を発表
  4. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  5. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです