メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時代の風

天下りとキャリア官僚=増田寛也・元総務相

増田寛也・元総務相=東京都千代田区で、徳野仁子撮影

多様な働き方に転換を

 多くの総理大臣を輩出した戦前の高等文官試験の流れをくむ現在の「キャリア官僚」制度も、いよいよ曲がり角を迎えたといえよう。難関の試験を突破したごく一握りの者だけに特権的地位が与えられ、スピード出世していくのが現在のキャリア官僚の姿である。これが許されるのは、彼ら自身が高い見識をもって、公正・公平、国民のために誠実に仕事をするということが前提だったはずだ。しかし、日本の官僚は優秀という評判も地に落ちてしまった。

 内閣府再就職等監視委員会の調査結果をみると、文部科学省は前高等教育局長を早稲田大学教授に再就職させ…

この記事は有料記事です。

残り1475文字(全文1741文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加計学園 地震やW杯日本戦、会見設定を疑問視
  2. 地震 大阪・震度6弱 渋滞し松井知事が災害会議を欠席
  3. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  4. 大阪震度6弱 お店、徐々に再開 一部工場で操業停止続く
  5. ベッカム 日本VSコロンビア戦パブリックビューイングでお台場“降臨” 伝説のフリーキック披露 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]